<< 不二子ちゃん | main | かわいい。 >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


金星特急が出発する日

『金星特急5巻』を、買ってからずーっと積ん読にしていて、やっと読み終わりました。読み始めればぐいぐい引き込まれてあっという間に読了してしまうんだけど、文章が読めない期間がちょくちょくやってくるたちなんで仕方ない…。

ところで6巻は来月、6月7日に出るみたいだけど、これは金星特急発車の翌日に当たる日ですね!
作中で6月6日に金星の日面通過があって、前回は8年前、次回は105年後、今回の通過終了時刻が日本時間13時49分、と書かれていることから、作中は2012年だと思って読んでいます。

もちろん現実の2012年とは違う世界だけど…この違いって、200年前に言語の大虐殺があったことによる違いなんだろうか? 1812年頃に世界の言語が統一されていたとしたら…というif世界。

でも2巻で『失われた地平線』が出版されたばかり、と言われてたのはどういうことなんだろう?
はじめは、英語から世界語に翻訳したり、内容を検閲したりするのに時間がかかって、出版が遅れたのかと思ったけど、でも実際に『失われた地平線』が発表されたのって1933年だから、私の推測(作中が2012年で1812年頃から言語が統一された)が正しければ、そのときにはもう世界語が使われているはずだし、79年も出版が遅れるのもおかしいし。作中は2012年だけど、1933年頃のような世界情勢や文化程度なんですよ、ということなのかなぁ?
もしかして、長らく絶版になっていた『失われた地平線』の邦訳が、2011年に河出文庫から新訳版が出たんで、そのことを作中では「出版されたばかり」ということにしてしまう、一種の〈遊び〉なのかなぁ?

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • 19:33
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM