<< 『ふしぎ遊戯』渡瀬悠宇 | main | トライガン・アーカイブス >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『愛と希望の人類滅亡BLアンソロジー』ふゅーじょんぷろだくと

8作品収録。全部ギャグ、コメディ。本気で滅亡して2人きりで愛し合うようなしっとり(?)した話は無し。このアンソロジーの方針として意図的にそうしたのかもしれないけど、そうじゃなくてたまたま全員が滅亡を面白ネタにしたんだとしたら、それはそれで興味深いかな。二昔くらい前なら、シリアスなのが混じりそうなものだけど。それこそファンタジー設定で。魔法使いとか亜人種とか…。昔はファンタジーかつシリアスなBLとかエロ漫画とかもっとあったイメージ。

で、どれもけっこう楽しく読んだ。たぶん同人でご活躍の作家さん方なんだろうけど、私はそちらには疎いので、今までに読んだことのある作家さんは関口かんこと羽生山へび子の2人だけだった。商業誌ばかり読んでいる目からすると、絵は全体的に粗めに感じた。

特に面白いと思ったのは『平成ゴールドラッシュ』たぬき太郎、『狂い咲け路薫狼琉!』羽生山へび子の2作品。前者はSF設定の話を下ネタとパロディで笑いに。BL度は低め。
後者はありえない滅亡の理由と過程を全力で描ききって笑いに。勢いがスゴい。こちらは短いシーンの中に青春を感じさせる恋も有り。

面白おバカBLがお好きな方はどうぞ。個人的にはハズレ覚悟で購入したんで、思ってたより楽しめて良かったなーと思ってます。

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • 21:06
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM