<< 焼きみかん | main | 『愛と希望の人類滅亡BLアンソロジー』ふゅーじょんぷろだくと >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『ふしぎ遊戯』渡瀬悠宇

久々に再読。ちゃんと通しで読んだのは10年ぶりくらいかも…。

小学生とか中学生とかの頃は、やっぱり〈美朱と男キャラ〉の関係を中心にとらえてたし、どの男キャラが好きか、とかが楽しみの中心だった。ちなみに当時は星宿と心宿が好きだった…美形のお兄さんに弱かったのか…。

でも今読むと、〈美朱と唯〉の関係を軸に読むことになった。大人になって、唯ちゃんの不安とか辛さとかを感じて、気持ちを想像することができるようになった。
そういうふうに読むと、特に第2部は、子供の頃よりも楽しめた。第2部は恋愛関係が落ち着いてるぶん、友情の物語が描かれているんだなー。魏と翼宿とか…。翼宿は第2部ですごく株が上がった(私の中で)。

何年か前に、レンタルでアニメを見直したことがあったんだけど、そのときに張宿が好きになって、今回読み返してみて、やっぱり張宿が好き…!と思った。悲しいほど出番が少ないけど…。
我ながらわかりやすいんだけど、小中学生の頃はかっこいい青年キャラが好きで、高校生の頃からオヤジ趣味に走って、次第にショタになってきた…という私の嗜好。自分に無いものを求めるのかしら。(友達には「昔からショタ趣味だったよね」と言われるけど、自覚したのは大人になってからなんだよぅ)

で、張宿好きーな目で読んでると、軫宿×張宿とかいいなーなんて…。ああ、ほのぼのラブって良いな…。井宿がちょっと絡む感じで。エロ無しでニアBLみたいな感じで(いや、有りでもいいけど)。
あ、今思いついたけど、張宿が同世代の少女と出会って初めての恋をするってのもいいな。
張宿に幸せになってほしいんだよね…いろんなことを経験して。妄想の中ででも。

けっこう悲しいキャラだらけだなー、この漫画。張宿もだし、房宿も心宿も角宿も、悲しい。悲しみは大人の心に刺さる。

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • 23:20
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM