<< 『晴れた空にくじら3 浮鯨のいる空で』大西科学 | main | 『青青の時代 全4巻』山岸凉子 >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『愛するお兄さん』宮下キツネ

(Cult comics X-kids Selection/笠倉出版社)

6篇収録のBL短編集。ネコミミ2篇、メガネ1篇、スーツ1篇。
今気づいたけど、よく見たら物凄い表紙イラスト…。お尻丸出しじゃないですか! 帯でも隠れてないですよ!

概ね可愛い受けで、ストーリーは設定のワン・アイディアで強引に持っていくご都合展開。エロ少なめのエロ漫画みたいな感じ……簡潔にまとめるとそういうことになっちゃうんだけど、別に貶しているわけではなくて、私は楽しんで読みました。宮下キツネの描く美少年受けが好きだし、頭の悪いキャラクターや展開も、バカバカしくも可愛い。

表紙イラストにも採用されている『慟哭に似た恋模様』が特に気に入った。獣耳と尻尾を持った亜人種族が、人間達に低賃金で奴隷のように使われている世界。あるお屋敷に使用人として雇われているネコミミ人種族の美夜は、お屋敷のお坊ちゃんと恋仲になっているのだけど…という話。まず、美夜が可愛い! これに尽きる…と言ってしまっては後が続かないんだけど、“美少女のような受け”はこの作者の持ち味であって、こちらとしても期待して読み始めるので、期待通りの内容に満足した。ちょっと頭の弱いネコミミ少年が、潤んだ目で「お慕いしています」なんつって縋ってくれるんだよー。何と言うか、支配欲みたいなものがくすぐられて堪らない。設定はわりとシビアなのに、ラブラブバカップルで能天気な雰囲気なのも良かった。

他の作品も最終的にバカップルエンドで幸せな1冊でした。あとは、作品ごとに絵にバラつきが結構あるのが多少気になった。ただ、絵柄自体がどうこうってわけじゃなくて、ツールの違いが出てるのかなぁ?とも思う。自分自身は絵を描かないので、技術的なことは全然わからないんだけど。

『慟哭に似た恋模様』の、獣耳の人達が奴隷のように使われている設定と、『ノラ猫印の宅配便』の、ネコミミ帽子が制服の運送屋という設定は、面白かったので、また同じ設定で描いてほしいな。(はっ、これでは単なるネコミミ好き!?)

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • 21:53
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM