<< 2009年10月の購入予定 | main | 『愛するお兄さん』宮下キツネ >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『晴れた空にくじら3 浮鯨のいる空で』大西科学

(GA文庫/ソフトバンククリエイティブ)

浮鯨のいる世界で、戦争に巻き込まれていく浮船乗り達のシリーズ最終巻。

序章の「浮鯨」からググッと持っていかれた。大西科学の描く滅びの情景は、哀しく、穏やかで、うつくしい。この達観した感じ、全体に漂う冷静さが、心地良い。

本編は、いままでよりシリアスな雰囲気だったかな。雪平も格好良く見えた…時々(笑) 実際の戦争からかなりネタをとっているみたいだけど、自分がその手の知識が全くないのが残念だ。元ネタがわかっていればもっと楽しんで読めるのに…。でも、その辺りの知識はなくても、問題なく面白く読めたけれども。特に峰越とヴァローナとの1対1の決戦は読み応えがあった。この辺りは、理屈っぽい作風が良い方に働いていて、非常に緊迫感がある(個人的には、大西科学の理屈っぽさを元々愛しているけれども)。いや、もう、途中からドミトリィエフ少尉に萌えながら読んでたので、彼が倒れたときにはすごくショックで、クニちゃんが頑張っている間も、正直言って少尉のことが気になって仕方なかった。

ああ、この作品は本当に映像で見てみたいなぁ。作中の文章を忠実に表したデザインで。植物のような浮鯨達、ガタイの良い浮船乗りの青年達、可憐な、けれど凄腕の浮鯨撃ちの少女。青い空の、ずっとずっと高いところにいる浮鯨達と、ずっとずっと低いところで火花を散らしている人間達との、対比というか、スケールの違いが、鮮やかに浮かび上がるだろうなぁ。

これで『晴れた空にくじら』シリーズは終わっちゃったけど、大西科学の新作を楽しみに待つことにしよう。ラノベももちろん良いのだけど、一般向けで何か書いても面白いんじゃないかなー。


◆『晴れた空にくじら 浮船乗りと少女』の感想はこちら

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • 20:40
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM