<< 『満員御礼 上巻』真生るいす | main | 初体験に震える田舎娘の心の叫び >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


BLCD『犬も歩けば恋をする』

原作:夏水りつ
(Vague/フィフスアベニュー)

キャスト
小山篤:下野紘
今井頼友:平川大輔
山田:中村悠一
田中課長:岡本信彦

まずは今井の予想以上の変態ぶりに笑った。こ…ここまでアブナイ感じの変態野郎だったっけ…?と思って原作を読み返してみたら、なるほど、これも有りだな、と。私がイメージしていたのとは違う形だったけど、こういう解釈もあるんだなー、と新鮮な気持ちで楽しめた。CDだと絵がない分わかりやすくするためもあるんだろうけど、エロ描写がいちいち克明なのも変態度のアップに寄与しているのかもしれない。原作では1コマのイメージイラストにおさめられているテニススコートや弓道着に関する妄想が、CDではやたらに具体的に繰り広げられていて可笑しかった。

エロコメとリリカルなラブストーリーとを自在に行き来しているのがすごいなぁ、と思う。女装させたり、縄で縛ったり、四六時中あらぬ妄想にもんもんとしていたり、なのにちゃんと要所では切ない気持ちにさせてくれるのだから、お見事!

あっくん可愛いなぁ、という、どちらかというと今井寄りの視点で聴いていたのだけど、第3話にあたる『恋は一日にして成らず』を聴いて、今井のことをすごくうらやましく思った。今井はこんなに明け透けな自分を、あっくんに受け入れてもらっている…。「変態」だの「バカ」だの言われながらも、その変態な部分を受け入れられている…それって、すごくうらやましい。現実には、自分の性嗜好ってなかなか恋人に伝えられなかったりするんじゃないかしら。というか、私がそう。嫌われたらいやだから、ひかれたら悲しいから、自分の望むことはずっと言えないままでいる…。そういうカップルって案外多いような気がするので、今井みたいに、相手の愛情を信じて自分をさらけだせる状態っていうのは、本当にうらやましい。

さて、同時収録は、まさかのCD化だった『山田くんと田中課長』。可愛い雰囲気で良かった。和むわ…。課長の足音がすんごく可愛い音だったのが笑えた。原作ではそれほど感じなかったのだけど、CDでは山田くんが見事なSっ気を漂わせていたのが美味しかった。今井の変態っぷりといい、声優さんの力ってすごいなぁ。この先『犬も走って恋をする』がCD化されたら、また『山田くんと田中課長』の続きも入るのかな?

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • 21:30
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM