<< 『童貞先生!』天城れの | main | 自意識過剰人間には自然体って難しい >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『V・B・ローズ 14巻』日高万里

(花とゆめCOMICS/白泉社)

少々更新の間隔があいてしまいました。病気だったわけでも、ものすごく忙しかったわけでもないんですが…。今後も無理せずマイペース更新でいきますので、よろしくお願いします。(なるべく3日に1回くらいは更新したいと思ってはいるんですけど)


さて、なんだか長く続いた『V・B・ローズ』もこの14巻で完結。やっぱりラストは結婚だったかぁ。

あんまり何も考えずに気楽に読めて、それはそれで良かったのだけど…さすがに終盤の数巻くらいは漫画としてはかなり苦しかったように思う。作者がキャラクターに愛着を持って楽しく描くことと、読者を楽しませることとは別の話よねぇ、と…。日高万里の漫画の、キャラクター同士の仲の良さや、楽しげな掛け合いは、大きな魅力ではあるけど、それは物語の中の息抜きやコメディの要素として入るからこそクスリと笑えるのであって、そればかりをただ垂れ流しにされても、読んでいて戸惑ってしまう。内輪ネタで盛り上がっている様子を延々と見せられているようで、作中でキャラが楽しそうにしていればいるほど、読んでるこっちとしては距離を感じてしまった。しっかりした本編があったうえでの番外編がああいうノリだったとしたら、とても楽しめるだろうけど。

日高万里の描くキャラクターがとても好きなので、それだけにもったいないと思う。皆可愛いし、良い子だし、実際に友達だったら楽しいだろうと思う。でも、友達じゃないのだ。読者をおいてきぼりにされては困る。

うーん、文句を並べたけど、まあこういう軽い読み物だと割り切って読んでいたので、それなりには楽しませてもらった(でもやっぱり終盤はちょっとひどいと思ったけど…漫画表現の出来自体も)。しかもイラストファンブックもちょっと欲しかったりして…。だって日高万里の絵が好きなんだよぅ。しかもあげはのウェディングドレスの実写写真があるとか! そういうの見たいじゃない! でも、たいした思い入れもないのにファンブックなんて買っても、1回見れば満足して手放しちゃうだろうなぁ…と自分で予想がつくので困る。ここは我慢した方が良いんだろうなぁ。



◆12巻の感想はこちら
◆11巻の感想はこちら

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • 22:51
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
最後のはなんとなく分かります〜
内輪ネタが多いですよね^^;
みんなのその後も気になるけど、主人公はアゲハさんなんだから
ミツヤ様や露ちゃんみたいに
ちゃんとした結婚式のシーンをみせてほしかったです(T。T)
  • 雫凪 空羅
  • 2009/06/15 12:28 AM
空羅さん

結局ファンブックは買ってないですよ(^^;

あげはの、お姉さんに対する気持ちに整理がついて、紫とも無事にくっついて…後は巳艶と露ちゃんの話でしたねえ。主人公が脇に回っちゃって。結婚式も巳艶と露ちゃんのを描いたからあげはと紫のは省かれたんでしょうしね。

最初から最後まで軸になるものが何か欲しかったなぁ、と思います。あげはの成長がそれだったのかもしれませんが、ちょっと見せ方が弱いと感じました。でもファンなので次回作に期待してますo(^-^)o
  • shiroii
  • 2009/06/15 10:05 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM