<< 日記ですらないどーでもいい文 | main | たまにはイラストなど(DirのToshiya) >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


[BLCD]あかないとびら

あかないとびら
原作/鈴木ツタ
(Dramatic CD Collection)

キャスト
薄井:羽多野渉 升岡:柿原徹也 森:伊藤健太郎
立花:平川大輔 田山:私市淳

『このBLがやばい!』で上位に食い込み、『このマンガがすごい!2008』でも健闘した昨年の話題作のドラマCDです。
薄井×升岡と立花×田山の2本立てです。
原作コミックだと『あかないとびら』『合わない鍵』『みにくいアヒルと王子様』『王子様の恋人は』の4話ですね。
あと、単行本巻末描き下ろしの番外編『どういうことになったのかといいますと』も収録されていますよー。

では、以下ネタバレ有りの感想です。
私はあまりドラマCDは買わないのですが、これは升岡のあの心の声がどんなになっているのか興味があって購入しました。
その点では期待以上の出来でした。想像以上のはじけっぷりの「ウォ――ッ ヨッシャ――ッ」が聴けて大満足。と、いうか大爆笑。
BLのエロシーンであんなに笑えるなんて…。しかも苦笑じゃなくてマジ笑い。
思わず三回連続で聴いてしまいましたよ。

声優さんについては私は全く知識がないのですが、どのキャラもそれほど違和感なく馴染んでいたと思います。
個人的には升岡くんの声はドンピシャのイメージ通りでした。逆に薄井の声は最初は、イメージ違うな…と感じましたが、すぐに慣れました。特に「慣れてどーすんだ」(単行本42ページ1コマ目)のキレ声は良かったです。


正直なところ、私は原作単行本は、面白いとは思いつつも、世間的な人気ほどは評価していませんでした。
それは、作者本人があとがきで
「脳ミソから無理にネタをヒネリ出すせいなのか最近は本当にギリッギリのいっぱいいっぱいです
引出しがわりとカラッカラですのでこんなまんがしか出てきません
変態オンパレード!」
と書いている通り、良い意味での余裕が感じられず、きちんと消化されないままの内容がそのまま漫画にされているように感じたからです。
逆に言えば、そこが気になるあまりに、この漫画なりの良さが見えにくくなっていたんですね。

CDを聴くというのは、いったん自分の解釈を離れて、CDの制作者や声優さんたちの解釈に触れることでもあります。
CDはほぼ原作に忠実な内容ですが、それでも、自分一人で読んだだけでは思い至らないような、自分の解釈とは違った味わいを感じることが出来るのですね。
新たな視点で作品を捉え直すことが出来た、という意味でも、聴いて良かったです。
実際、聴く前より聴いた後の方が、原作も何倍も面白く読めるようになりました。

なにやら真面目に語ってしまいましたが、小難しいことを抜きにして、升岡くんのハシャギぶりと喘ぎ声の可愛さだけ取っても3千円分の価値は充分あります!
さらに立花×田山も入ってるんだから超お得ですよー。

そっちの話も、田山がスゲー良かったです。原作でも、その卑屈な表情の下に垣間見える乙女っぷりが可愛いったらなかった田山ですが、声が付いてその可愛さが一層際立っております。
立花が田山をいじめたい気持ちも分かるってもんですよ。自分のために泣いたり怒ったりアタフタしてくれる姿ってのは愛しいもんです(笑)

ただ、田山の暗くて卑屈な感じが大好きな私としては、若干彼が可愛すぎるかなー、なんて思わないでもなかったです。
女の子と言い争ってるときの、あの暗くて嫌味な声と口調が、私の中の田山のイメージそのものだったのですが…他の場面ではさすがにあそこまでネチネチした感じではなくて、ちょっと残念。
同じく、CDのブックレット(と、いうほどの厚みはないけども)に載っているキャラクター紹介の田山の顔のカットが、普通にスッキリした顔立ちのカットなのが残念…。もっと暗くてぶすっとした顔のカットにしてほしかったようー。

まあ、それは多分私の好みが特殊すぎるんだろうと思います…。制作側もそんな限定的な要求には応えられないでしょうから、仕方ないですね。
そう考えれば、あの場面だけでもリアルなキモメン風に演じてくださったことに感謝です。


まるで不満があるかのような書き方になってしまいましたが、全然そんなことないんですよ! めっちゃ良かったんですよ! だからこそ却って細かいこと書いちゃってるんであって。

細かいついでに、一個だけ引っかかった点を…。
物を食べる音がなんか変だ…。ヤキソバ食べてる音がラーメンか蕎麦を啜ってる音に聞こえるのと、コーヒー啜る音がちょっと汚いと思う。
でも、これも仕方ないと思うんですよ。普通に飲み食いしてるような音じゃ伝わらないですから、大袈裟な音にしなきゃいけないんだと思います。

ま、そんな細かいことは、気にしなきゃ気にならない程度のことです。
そんなことはどうでもいいくらい素晴らしいCDなので、ちょっとでも興味がある人はぜひぜひ聴いてみてください!
これ聴いた後は、外出先でも思い出し笑いで顔がニヤけちゃって困りましたよ。それくらい面白いです!

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • 03:53
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM