<< 『キウイケツキドラキウイラ』くろだ美里 | main | 2009年2月に買った本 >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


[BLCD]傷だらけの愛羅武勇

傷だらけの愛羅武勇
原作:彩景でりこ
(Misty/インターコミュニケーションズ)

キャスト
神田清志郎:吉野裕行
上坂要:安元洋貴
神田恭太郎:高橋広樹
美郷雄二:岸尾だいすけ


アンタら「チ○毛、○ン毛」言い過ぎ…!

というわけで、笑えました。原作も笑えたけど、やっぱり声がつくと破壊力が増す。ひぃひぃ笑い転げてしまった…。

アホヤンキー(後輩)×堅物番長(先輩)と、職場の同僚(実は中学の同級生)×ブラコン兄貴(アホヤンキーの兄ちゃん)の2本立て。兄ちゃんとそのお相手は職業オカマ。ええと、オカマ×オカマの方って兄ちゃん受けであってるよね? 攻めっぽい方が受けなので、そういうのが好きな人にもお薦め。

上坂の声が思っていたより男前だったので、最初はちょっと違和感があったけど、慣れれば気にならなくなった。いや、むしろ上坂の言動の王子様ぶりをひしひしと感じて良かったかも(見た目は髭オヤジだけど)。渋い硬派も極まれば王子だ…。何度「何この乙女展開…!」と身悶えたことか。2人とも不良のくせに思考回路が乙女なんだもの! アホでやんちゃな男の子達が恋にときめき狼狽える様ってのは萌えるね。

そんなわけで上坂も良かったんだけど、何といっても素晴らしかったのは清志郎! まさにアホヤンキー! まるで本当に彼が生きて実在しているのかと思うくらい迫真の演技。ツッパってても心の声はラブでいっぱい。何というツンデレ。可愛いったらないぜ。特に涙声とエッチのときの声が可愛過ぎてヤバかった。

兄ちゃん(恭太郎)の話も入っていて良かった! ダイヤもルビーも声が艶っぽい♪ 特にダイヤちゃんのオカマさんっぷりが、セクシーで可愛くて素敵。
でも親が死んだからって中学に通えなくなるってどういうこと? 就学義務があるんだし、中学生の年齢だと働けないはずだし。まあ、実質通ってなくても籍を置いてれば卒業証書はくれるけどね。原作読んだときは気づかなかったなぁ、これ。転校して、その中学校には通えなくなったっていうことなのかな。

そんな細かい設定はさておいて、CDの出来は大満足でございました。思っていた以上のハイテンションな演技で、たいへん楽しく聴きました。笑えてラブいのが聴きたい方はぜひ。兄ちゃんの話はちょっと切なさもあるよ! ちなみに初回特典のキャストトークCDも「チ○毛」言いまくってます…。

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • 23:48
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM