<< 空色動画 2巻 片山ユキヲ | main | 恋愛虫毒 御景椿 >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


あたし彼女 kiki

第3回日本ケータイ小説大賞受賞作。

初めてケータイ小説を読みました! 恋空も赤い糸も読んでないんだけど、日参している雑文サイトで『あたし彼女』がネタにされていたので、どんなものなのか読んでみようと思いまして…。2日がかりで読み通したけど、ちょっと疲れました(笑) 紙の本でならあっという間に読み終わりそうだけど、ケータイで1ページずつ読むのがめんどくさくて堪らなかった。

お話は思ったより悪くなかった。でもヒロインのアキにも、相手役のトモにもあんまり魅力を感じなかったけど…。アキは自己中でバカだし、トモも基本的に自分のことしか考えてないし。2人とも好きだなんだと言ってるわりに互いの話を全然聞かないし、自分の思うことを相手に伝えようともしないのが、理解できなかった。それとも世の恋人同士ってのはこんなものなのかしら。
実は、読みながら、改心したアキがトモと良い感じになったとこでまた昔の男絡みで刺されるんじゃないか…なんて予想してたんだけど、ハズレたなぁ。いやぁ、ケータイ小説ってよく知らないんだけど、やたら人死にするイメージがあったもんで…。でも、この予想がハズレたのは却って好印象でした。正直、人死にで安易に盛り上げるのがこういうケータイ小説の常套なんだろうと思っていたので。人死にという点では、流産するけれど、あれはこれまでの中絶のことなんかを考えるとアキの自業自得だよなー、と自然に納得できる感じだったので、悪い展開じゃなかった。アキ自身も反省しているし。


独特の文体、体裁については、ケータイ小説ってのはこういうものなんだろうという理解で読んだので、あれが悪いとは思わなかった。ちょっと神戸あやか(花井愛子)の少女小説を思い出した。若者言葉の一人称文体で、バシバシ改行しててページの下半分は真っ白!という。昔、神戸あやかのKAORIシリーズを姉が持ってて、私も借りて読んでたんだけど、けっこう好きでした。そりゃ、『あたし彼女』の方はプロの作家と違って、若者言葉じゃなく単なる間違いだろうという箇所もけっこうあったので、それは気になった。


全体的な印象としては、若い人の恋愛ブログに似ているな、ということと、少女漫画のモノローグをそのまんま文章にしたみたいだな、ということ。
個人的な好みとしては、わざわざ読みたいか、と言われると「否」なんだけど、体裁がこれまでの小説と違うから、という理由だけで批判することはないだろうと思う。ケータイでちょっとずつ更新されるのを読むのが1番読みやすいし、そういう読み方に向いた文章なんだろうと思う。
「ケータイ小説」という名称だから、小説らしくないことが気になるんじゃないかなぁ。もちろん、普通の小説をケータイで発表している人もたくさんいるでしょうから、そういうのは「ケータイ小説」と呼んで、『あたし彼女』みたいな恋愛ブログ的なものは別の呼称にすればいいんじゃないかしら。「ケータイストーリー」とか? 「ケータイコイバナ」とか? いやー、なんか、私のセンスでは思いつかないけど(笑)

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • 23:08
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM