<< 暫定、恋人 秋葉東子 | main | 悪徒-ACT- 1巻 猪原賽/横島一 >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


図書委員の恋 恋煩シビト

図書委員の恋
恋煩シビト
(Baby comics/ふゅーじょんぷろだくと)

ここのところBLの話が続いておりますが…またBLです。別に意図してそうしてるわけじゃないんですけどねー、たまたまそういうことに…。

アマゾンでなんとなく目について購入したら、ポストカードが付いてきてちょっと得した気分。新創刊のコミックレーベルみたいです、Baby comics。この辺の書店じゃ見たことないなぁ。それどころか『オリジナルBLアンソロジー・Baby』も見たことないような…単に目がスルーしてただけかもしれないけど。近所の書店でもマーブルコミックスは最近ようやく入荷するようになってきたんだけどね。

さて、本題の『図書委員の恋』ですが、描き下ろし1篇を含む7篇収録の短編集。先にマーブルコミックスの名前を出しましたが、そういう路線の、言うなれば今風のBL漫画。でも改めて考えてみると、この手の詩情でアピールする感じって、古風な気もするなぁ。流行というのはぐるぐる回ってるものらしいから、男性同性愛漫画の流行も1周したのかもな。ま、それは置いといて、読んでいてまず絵柄に目がいった。これも今風…というか、色んな既存作家の影響が窺える感じ。絵が安定しておらず、この作者の確固たる個性、作風ってのはまだ確立されていないように感じた。もちろん、絵柄も含めて、漫画作品そのものが、流行とか時代性の中で生み出されていくものなので、既存作家や作品の影響が見えるのがダメだっていうわけじゃないですよ。ただ、まだその「影響」が、消化されきらずに表に出ているように感じられるので、この先どういう独自性を持った作家になっていくのだろう、という期待は持った。

内容については、個人的に好きだったのは、表題作の続編にあたる『それは真心でした』と、描き下ろしの番外編『花村君頑張ってね〜幸せになぁれ〜』の2篇。この2篇については、すでに結ばれて幸せなカップルが描かれていて、その点で他の収録作と違っている。まず、カップルの1人が明るくてガサツな感じに描かれているのが好みだ。これは、私がある種の男の子っぽさに憧れを抱いているから。ヤンチャで、バカみたいな男の子同士、というのがなんだか理想化されてるんだよね、私の中で。
あとは、ラブラブカップルのBLが好きだからってのもある。あるんだけど、じゃあ切ない話が好きじゃないのか、というとそうでもなく。ただ、切ない話に対してはハードルが上がる。こういう個性派というか叙情派っぽい作風だと特に。ひねくれ者なもんで、表面的な切ないっぽさに騙されないぞ、とまず身構えてしまう。そうして身構えて読んでなお、心を揺さぶられると、ものすごく感動するし好きになるんだけど、この本についてはまだそこまでの説得力は感じなかった。前述した絵柄から受けた印象も作用しているのだろうと思う。それでも、比較的コメディ寄りに描かれていた『冷たい手は君の中に』と『青少年髭漂流記』については、ユニークで面白味があるな、と感じた。ユニークな題材を切なく美しく描くのはきっと難しいことなのだろうなぁ。私は変な話が好きなので、変わったモチーフ、変わった表現の作品はそれだけで結構気に入ってしまうけどね。

この単行本も悪くないし、好きか嫌いかで言うなら好きな方だけど、今後に期待してみよう、というのが1番の感想です。

スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • 20:52
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM