スポンサーサイト

  • 2012.10.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


BLCD『犬も歩けば恋をする』

原作:夏水りつ
(Vague/フィフスアベニュー)

キャスト
小山篤:下野紘
今井頼友:平川大輔
山田:中村悠一
田中課長:岡本信彦

まずは今井の予想以上の変態ぶりに笑った。こ…ここまでアブナイ感じの変態野郎だったっけ…?と思って原作を読み返してみたら、なるほど、これも有りだな、と。私がイメージしていたのとは違う形だったけど、こういう解釈もあるんだなー、と新鮮な気持ちで楽しめた。CDだと絵がない分わかりやすくするためもあるんだろうけど、エロ描写がいちいち克明なのも変態度のアップに寄与しているのかもしれない。原作では1コマのイメージイラストにおさめられているテニススコートや弓道着に関する妄想が、CDではやたらに具体的に繰り広げられていて可笑しかった。

エロコメとリリカルなラブストーリーとを自在に行き来しているのがすごいなぁ、と思う。女装させたり、縄で縛ったり、四六時中あらぬ妄想にもんもんとしていたり、なのにちゃんと要所では切ない気持ちにさせてくれるのだから、お見事!

あっくん可愛いなぁ、という、どちらかというと今井寄りの視点で聴いていたのだけど、第3話にあたる『恋は一日にして成らず』を聴いて、今井のことをすごくうらやましく思った。今井はこんなに明け透けな自分を、あっくんに受け入れてもらっている…。「変態」だの「バカ」だの言われながらも、その変態な部分を受け入れられている…それって、すごくうらやましい。現実には、自分の性嗜好ってなかなか恋人に伝えられなかったりするんじゃないかしら。というか、私がそう。嫌われたらいやだから、ひかれたら悲しいから、自分の望むことはずっと言えないままでいる…。そういうカップルって案外多いような気がするので、今井みたいに、相手の愛情を信じて自分をさらけだせる状態っていうのは、本当にうらやましい。

さて、同時収録は、まさかのCD化だった『山田くんと田中課長』。可愛い雰囲気で良かった。和むわ…。課長の足音がすんごく可愛い音だったのが笑えた。原作ではそれほど感じなかったのだけど、CDでは山田くんが見事なSっ気を漂わせていたのが美味しかった。今井の変態っぷりといい、声優さんの力ってすごいなぁ。この先『犬も走って恋をする』がCD化されたら、また『山田くんと田中課長』の続きも入るのかな?

[BLCD]『ぼくとわたしの恋愛事情』再考

以前にも一度感想を書いたことがある『ぼくわた』ドラマCD。もう何十回も聴いているけど、不思議と飽きない。家事をしながらBGM代わりに延々とリピートしたりしてます…。

で、そうして聴くともなしに聴いていて、最近ようやく気づいたことがあって、改めて萌え上がってきちゃったものだから、また書いておこうかなーと。以下ネタバレです。


気づいたこと、それは……「これって主人公とクラウスの物語だったのね!」ということ。もちろん、ちゃんと各キャラと主人公が絡む場面は用意されていて、クラウスと主人公の絡みが特別濃いというわけではない。エロチックな雰囲気漂うスティラルカ編、主人公が積極的に世話をやいてやるヴェンツェル編に比べれば、むしろ控えめなくらいかもしれない。でも、クラウスが作中で言っている通り「真打ちとは必ず最後に登場するものだ。前半の出番の少なさとは比例しない」というものですよ。


主人公がスティラルカに突き落とされたのは、イバラが生い茂り、空も見えない暗い場所。主人公はイバラを焼き払い、その先の洞窟を見つけ、さらに洞窟の奥の井戸に辿り着く。
…これって、主人公がクラウスの閉ざされた心を開いて、その深いところに踏み込んだってことの比喩なんだ! だから、最後の『目覚め』の場面で、クラウスがあんなに甲斐甲斐しいんだ。彼が主人公に言う「ありがとう」の言葉…過去にとらわれていた心を救ってくれたことに対しての、感謝の言葉なんだ。

おおお…、こんなにギャグ満載で笑える内容なのに、実は深いぞ。これはゲームをプレイしてない人にはその辺わかりにくいかもしれない。てゆーか、またプレイしたくなってきた…。いやー、実はクラウスってあんまり興味を持ってないキャラだったんだけど、なんか好きになってきた気がする(笑)

それにしても凄いのはスティラルカだ。全部計算して仕組んだのだから。変態だけど。やっぱりクラウスに幸せになってほしいんだろうなぁ。


でも、こんなこと、普通は1回聴いたらわかる…よね。私、鈍すぎる…? いいんだ、いいんだ、理解力は乏しいけど、乏しいなりに努力しつつ楽しむから!


【以前に書いた感想】
ぼくとわたしの恋愛事情〜魅惑のミラクル井戸〜

[BLCD]傷だらけの愛羅武勇

傷だらけの愛羅武勇
原作:彩景でりこ
(Misty/インターコミュニケーションズ)

キャスト
神田清志郎:吉野裕行
上坂要:安元洋貴
神田恭太郎:高橋広樹
美郷雄二:岸尾だいすけ


アンタら「チ○毛、○ン毛」言い過ぎ…!

というわけで、笑えました。原作も笑えたけど、やっぱり声がつくと破壊力が増す。ひぃひぃ笑い転げてしまった…。

アホヤンキー(後輩)×堅物番長(先輩)と、職場の同僚(実は中学の同級生)×ブラコン兄貴(アホヤンキーの兄ちゃん)の2本立て。兄ちゃんとそのお相手は職業オカマ。ええと、オカマ×オカマの方って兄ちゃん受けであってるよね? 攻めっぽい方が受けなので、そういうのが好きな人にもお薦め。

上坂の声が思っていたより男前だったので、最初はちょっと違和感があったけど、慣れれば気にならなくなった。いや、むしろ上坂の言動の王子様ぶりをひしひしと感じて良かったかも(見た目は髭オヤジだけど)。渋い硬派も極まれば王子だ…。何度「何この乙女展開…!」と身悶えたことか。2人とも不良のくせに思考回路が乙女なんだもの! アホでやんちゃな男の子達が恋にときめき狼狽える様ってのは萌えるね。

そんなわけで上坂も良かったんだけど、何といっても素晴らしかったのは清志郎! まさにアホヤンキー! まるで本当に彼が生きて実在しているのかと思うくらい迫真の演技。ツッパってても心の声はラブでいっぱい。何というツンデレ。可愛いったらないぜ。特に涙声とエッチのときの声が可愛過ぎてヤバかった。

兄ちゃん(恭太郎)の話も入っていて良かった! ダイヤもルビーも声が艶っぽい♪ 特にダイヤちゃんのオカマさんっぷりが、セクシーで可愛くて素敵。
でも親が死んだからって中学に通えなくなるってどういうこと? 就学義務があるんだし、中学生の年齢だと働けないはずだし。まあ、実質通ってなくても籍を置いてれば卒業証書はくれるけどね。原作読んだときは気づかなかったなぁ、これ。転校して、その中学校には通えなくなったっていうことなのかな。

そんな細かい設定はさておいて、CDの出来は大満足でございました。思っていた以上のハイテンションな演技で、たいへん楽しく聴きました。笑えてラブいのが聴きたい方はぜひ。兄ちゃんの話はちょっと切なさもあるよ! ちなみに初回特典のキャストトークCDも「チ○毛」言いまくってます…。

[BLCD]ぼくとわたしの恋愛事情〜魅惑のミラクル井戸〜

ぼくとわたしの恋愛事情〜魅惑のミラクル井戸〜
脚本:関涼子/キャラクター原案・イラスト:ほづみりや
(株式会社エイチーム)

キャスト
晃(主人公):伊藤健太郎 クラウス:山崎たくみ ヴェンツェル:鳥海浩輔 スティラルカ:岸尾大輔


携帯向け恋愛シミュレーションゲーム『ぼくとわたしの恋愛事情』のドラマCD。中古で見つけて買ってしまいました。ドラマCDが出てるのは知ってたんだけど、たいして期待してなかったんで、もし中古品を見つけたら買おう、と思っていたのです……が、聴いてビックリ。中古で買ってすみませんでした!と頭を下げたくなるほどの面白さ。

スッチーやりたい放題、ベンちゃんツンデレ姫、クラウスはエスっ気を存分に発揮。それに巻き込まれて遊ばれる主人公。たぶん文字に起こせばゲームと同じ感じになると思うんだけど、いやー、声優さんって凄いね! 正直、最初にキャストを見たときは、主人公が伊藤健太郎って合わないんじゃないかしら、と思ったのだけど、全然そんなことなかったです! 素晴らしかった!! ご本人もキャストトークでしきりに気にしていらっしゃいましたけど、確かにイメージより渋めの声でしたが、それを補って余りあるハイテンションな演技。ナイスキャスティングだー! 主人公だけじゃなくて、ベンちゃんもスッチーも終始ヘンなノリで笑わせてもらいました。スッチーはゲームからそのまま抜け出てきたかのような変態ぶりだし、ベンちゃんは俺様天然ツンデレで可愛いったらなかったし! このドラマCDのヒロインはベンちゃんだね! そしてクラウスは想像以上のクールイケメンヴォイスで痺れました〜。牡羊座の人が頭をちらついてしょうがなかった(笑)

いや、ホント、良いCDだった。キャストトークもすごく楽しげで面白かったし。第2弾出してほしいー! 第2弾が出たらソッコーで買う! つーか、第2弾を出してもらうためにも、この『〜魅惑のミラクル井戸〜』を新品で買い直そうかと思ったり。今月は本やCDの購入予定がいっぱいで無理だけど、その内に…!

ゲームの方はずいぶん前に少しやっただけなんだけど、CDを聴いて、またやってみようかしら、なんて気になってきました。攻略してないキャラいっぱいいるしなー。

[BLCD]FAKE -Final Act-

FAKE -Final Act-
原作/真東砂波
(Le Beau Sound Collection)

キャスト
ディー:関智一 リョウ:飛田展男 ダイアナ:玉川紗己子 バークレー=ローズ:江原正士 アリシア:根谷美智子 レオ:井上和彦 ビッキー:松本梨香 キャル:山崎和佳奈


ビブロス刊『FAKE』の7巻の内容のドラマCD。HUG文庫版だと5巻のACT.19とACT.20。
リョウとレオの因縁を冒頭に持ってきて、後にディーとの会話と回想で説明を入れるなど、分かりやすくて良いアレンジだった。原作に沿ったストーリーながら、ちょこちょこ場面の順番を入れ替えているのも、そうすることでスッキリした構成になっていて良かった。

アリシアが泣き崩れるシーン、原作にはない描写だけど、心に残る場面だった。原作での抑えた表現も、その中に秘めたアリシアの激しさ、複雑な愛憎が感じられて良かったし、CD版では声のドラマであることを生かして、感情をゆさぶる盛り上がりがあって良かった。


レオは、根っからの悪人じゃなかったのだろうけど、それでも少し卑怯だと思った。リョウに自分の罪や良心の呵責を押し付けて、楽になろうとしているように見える。レオはリョウに向かって「自分の手を汚すのは嫌か?」と聞いたけど、レオの方こそ自分で責任をとる方法はなかったのだろうか。それとも、道を選ぶ資格すらないと、リョウに選ばせることが罪滅ぼしだと思っていたのだろうか。
あんなふうに、間際に懺悔して、自分は楽になったかしれないけど、やっぱり言い逃げっぽい感じもする。でも、CDでは、原作にはなかった「信じるよ…」というリョウの言葉があって、彼の中で、完全にではなくても気持ちに決着がついたのかな、と思えた。原作でも、コートをかけてやる仕草に表れているようにも思うけど。

全体に、音声ドラマにするにあたってのアレンジが良かったと思う。先に挙げたシーンなどは、原作より分かりやすい内容だったと思うが、安易なお涙頂戴とは感じさせない、ひとつの解釈として充分納得出来るものだった。
ただ、やっぱりアニメで見たいなぁ! そうすれば、言葉に出来ない複雑な思いをもっと表現出来るのに。例えば、アリシアに「俺は逃げない」と言ったときのレオの表情。あれが入ることで随分ドラマの印象は変わるだろう。『FAKE』全編アニメで見てみたい。まず無理だけど、見てみたい! アクションもあって映えると思うんだけどなぁ。BLだけど絡みはそれほどないし。

絡みといえば、最後に『Extra Story』として収録されている『Second Chance』が面白かった! 原作とは大胆に変えて、ビッキーとキャルを話に絡ませつつ最後までコメディでやり通して、楽しい話だった。冒頭の日記の件りなんか笑った笑った。

ああ、原作への愛を感じる良いCDだったなぁ。


◆原作漫画『FAKE』の感想はこちら

[BLCD]あかないとびら

あかないとびら
原作/鈴木ツタ
(Dramatic CD Collection)

キャスト
薄井:羽多野渉 升岡:柿原徹也 森:伊藤健太郎
立花:平川大輔 田山:私市淳

『このBLがやばい!』で上位に食い込み、『このマンガがすごい!2008』でも健闘した昨年の話題作のドラマCDです。
薄井×升岡と立花×田山の2本立てです。
原作コミックだと『あかないとびら』『合わない鍵』『みにくいアヒルと王子様』『王子様の恋人は』の4話ですね。
あと、単行本巻末描き下ろしの番外編『どういうことになったのかといいますと』も収録されていますよー。

では、以下ネタバレ有りの感想です。
続きを読む >>

[BLCD]虹の入江 トラブルスタジオ

虹の入江 トラブルスタジオ
原作/染井吉乃 絵/如月弘鷹
(パレット文庫CD BOOK/小学館)

えー、1999年発行のドラマCDです。当時、この原作小説に大ハマリしていて、生まれて初めて買ったBLCDがこれでした。
もう処分してしまったかと思っていたのですが、正月に実家に帰省したときに見つけて持ち帰りました。

買ったときに数回聴いて以来、全く聴いていなかったので、全然覚えてなくて、新鮮な気持ちで聴けました。

では、以下感想です。
ずいぶん前のCDなんで今更ですが、ネタバレしてますので、それは困るって人は気を付けてくださいね。
続きを読む >>

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM